藍川竜樹 『死にかけ花嫁と革命の鐘』 の感想