やる夫が あの『夏』の出来事を 思い出すようです 第二章「神童」 その七