ナツメの義理の兄になってみたいという願いを持つ俺が羨むようなお話