(書評)キミは一人じゃないじゃん、と僕の中の一人が言った