上条「あの日、もしかしてお前は、俺以上に」