荊棘の道なぞ誰が好んでいくものか